心当たりはありませんか?「スマホ老眼」

スマホの使いすぎが視力低下を招く!?

ここ最近の社会問題となっているのがスマホへの依存症です。
一日のうちほとんどの時間をスマホの画面を見ることに費やしており、トイレやお風呂の時間でも片時も離したくないと感じている人もいることでしょう。

自宅にいるときならまだよいのですが、重度になると歩行中や自転車や自動車を運転しながら行ってしまう場合もあります。
昔から友人同士で会っている時にもお互いに携帯を見て会話もしないというような若者の姿が問題視されることがありましたが、それがスマホに代わったことによりさらにその現象は加速したようです。

スマホにかぎらずパソコンのディスプレイやタブレット端末も同様ですが、液晶画面からは「ブルーライト」と呼ばれる周波の光が放出されておりこれを長時間見続けることにより脳に過度な刺激が与えられてしまうことになります。

このブルーライトは長時間見続けることにより視力低下を招くことがわかっており、スマホ依存になることにより短期間で大きな視力低下の原因になります。

視力低下を防ぐためには長時間1つの画面を凝視しないようにすることが第一ですが、他にも瞳のマッサージをしたりブルーライトをカットできるメガネや画面シートを使用するという方法が勧められています。

最近見えにくくなったと感じたらそれは「スマホ老眼」かも

単純な視力の低下と異なり、スマホを長時間使用することによって起る独特の近眼状態を「スマホ老眼」といいます。
本来的に「老眼」とは40歳を過ぎたくらいから徐々に発症するもので、一般的に近い距離のものがぼやけて見えるようになり、ピントを合わせるのに時間がかかるようになります。

「スマホ老眼」とは反対に常に近くのスマホ画面を凝視しすぎてしまうために目線を遠くに上げたときにすぐにピントを合わせられなくなることを言います。

さらに近くのものであってもスマホ画面以外の新聞や文庫本のような細かい文字が読みづらくなってきたり、朝よりも夕方になると症状がひどく現れるようになるところに特長があります。

スマホ老眼の原因は言うまでもなく近距離から発生するブルーライトと細かい画面や文字を見続けることですが、もう一つスマホを使うときの姿勢も影響していると言われます。

スマホを使用するときにはみな片手でスマホを手元にかざし、肩や首を曲げる猫背の姿勢で操作をするのが一般的です。
こうした悪い姿勢を続けていると肩こりを引き起こし、首から頭にかけての筋肉が緊張してしまうことになります。
首周りの筋肉が緊張すると目元の筋肉もまた緊張しやすくなるので、それが眼球部分の筋力を低下させピントが合わせづらくなってきます。