モテる男の条件とは?

「雰囲気イケメン」というパワーワードを理解しよう

理由はよくわからないのだけどなんとなくモテてしまう男性のことを「雰囲気イケメン」と言うことがあります。
そもそも論ですが、女性に比べて男性は見た目のみでモテる・モテないが決まるということはありません。
現在芸能人やモデルでモテる男キャラとして活動している人でも、正直顔かたちのみで評価するとそうでもないということがあったりします。

いわゆる「イケメン」とされる人というのはつきつめていくとそれは「女顔」をしている人であり、目鼻のバランスがよい分なんとなく女性的なイメージがあったりします。

一方で「雰囲気イケメン」というのは、髭や筋肉など男性的な魅力がある人が多く、男として内面からにじみ出てくるたくましさを感じることができる人と言えます。

自分はもともと顔がよくないから、と諦めるのではなく雰囲気イケメンとなれる条件を備えていくことにより、十分にイケメンキャラとして生まれ変わることができます。

そのためにはまずは女性からポイントの高い男性のキャラクターを知り、女性が多く集まる場所で自然にそうした雰囲気が出せるようにしていくことが大切です。

優しい男=やたらと媚びる男、ではない

女性を対象にアンケートをとってみると、必ずといってよいほど「好みの男性のタイプの条件」として上位に来るのは「優しい人」です。
しかし男性の多くはこの「優しさ」を「相手に媚びること」と勘違いしています。
よくある愚痴として自分は精一杯相手に尽くしたのに相手にあっさり浮気をされたということがあります。

これは男性が女性を選ぶときにも言えますが、自分に対して完全に迎合し一切逆らわずに言いなりになる相手というのは最初こそ便利なように感じられてもその人を「一生この人を愛そう」とは思わないでしょう。

特に女性が男性を見るときには、いちいち自分に同意を求めてきたり、物事を一人で決めることができないような優柔不断さはかなり大きなマイナスポイントとなります。

自分としては相手を尊重しているつもりで行っている行いも、やればやるほど相手を失望させてしまうこともあるので十分注意したいところです。

好きになる男性に求めるものは女性によって大きく異るとは思いますが、一般的には大きく自分の世界を持っている人に魅力を感じる傾向があります。

女性を口説きにかかるときにもやたらとがっついて誘うよりも、余裕のある遊び心を示して相手の話を聞いてあげることができる人の方がポイントは高くなります。

自分を大きく見せようと自慢話や過去の武勇伝ばかりを語っていると、「よっぽど今の自分に自信がないんだろうな」と女性にはすぐに見抜かれてしまいますよ。