結婚前までに貯めておくべき貯金額は?

結婚

結婚前までに貯めておくと良い金額は300万円ほど

結婚をこれから控えているという方も多いのではないでしょうか。
結婚は人生の一大イベントで、とても幸せなものですが、結婚にはリアルな側面もあります。
それが、結婚に必要な費用です。

愛はお金じゃないという話もありますが、やはり幸せな結婚式や結婚生活を送ろうと思ったら、お金はとても大切なものなのです。
どのくらいの費用を結婚前に貯めれば良いかということになりますが、これは大体250万円から300万円ほど貯めたいところです。

これくらいの金額を貯めれば安心して結婚することができるので、ぜひこれを目標に頑張っていきましょう。
ここではどうしてこのような金額がかかるのか、より詳しく見ていきます。

結婚にかかる費用の内訳

結婚資金としてまず思い浮かぶ方も多いのが結婚式にかかる費用です。
結婚式は150万円ほど見込みたいところです。

もちろんより盛大な結婚式をしようと思ったらより大きな費用がかかりますが、150万円ほどかけると良い結婚式を挙げられることは多いです。
せっかくの人生のイベントなので、盛大に行いたいという方も多いので、しっかりと資金を準備しておきましょう。

また、結婚式が終わると新生活が始まります。
二人で生活することになりますが、その際には生活に必要なものを購入する必要があります。

これも今まで生活していたものを使うこともできますが、やはり新しい生活のスタートなので、それに合わせて新しいものをできれば使いたいところです。

買い替えをするものを挙げていくと、かなりの費用になるかもしれませんが、50万円ほどは見込めると良いでしょう。
主に家電や家具などを購入する資金として必要になります。

そして、生活のための費用として50万円ほどは残しておきたい所です。
結婚式や新生活のための費用でお金がなくなったということになると新生活の出だしから心配になってしまうので、ある程度の余裕を残して生活を始めると良いでしょう。

内訳は大まかにこのようになっています。
もちろんカップルそれぞれで多少の前後はあるため、パートナーと一緒によく相談しながら決めるようにしましょう。

また、今現在こうした費用がまだ貯まっていないという方は、まずは貯金を頑張っていくと良いでしょう。
中々貯められないと思う金額かもしれませんが、こつこつやっていると貯まっていきます。

結婚前にしっかりと準備を

このように結婚には沢山の費用がかかるため、あらかじめしっかりと計画を立てておきましょう。
余裕を持って計画を立てておくと比較的資金も準備しやすくなります。

ぜひあなたの今後のためにも、きちんと計画を立てる習慣を作っておくことをおすすめします。